2001年01月01日

カネさん

hk.jpg

初代クラブリッツ会長
フライ歴 24年 (2007年現在)

昭和36年生。45歳。
ご幼少の頃?からフナ釣りに始まり、学生の頃まではへら師だった。社会人になってから始めたフライも18年目に入り、幼少の頃に飽きっぽい性格だと言われていたわりにはよく続いているもんだと我ながら自分を誉めたくなる。確かにフライには底知れない魅力があるように思えるが確固とした理由を述べよと言われると返答に困る。 渓流は出かける度に、絶対同じ日は2度と無いわけだから毎回が新鮮なわけである。 同じコースを繰り返し攻めても完璧に同じ事はまず無い。何故ならば単純に自然だからである。空、山、川、木々、獣、鳥、虫、魚・・・ 全てが連鎖しているこの世界、この地にいられる事これ事態に感謝したい。 だからこの自然は大事にしたいと常々思っているものの、一度人の手が入った自然はやはりどこかで狂いが生じるものである。せめて自分がいつも遊ばせてもらっている渓流ぐらいはきれいであって欲しいものだが、いたるところにゴミ、ゴミ、ゴミ・・・ 毎回ではないものの自分に言い聞かせて、昨年から「コンビニ袋1袋分ゴミ持ち帰り運動」を実施中。日釣り上ったら帰りの渓流沿いの目に付く空き缶、鱗太郎の箱、パンの空き袋 etc。毎回やっていれば少しはきれいになるだろう・・・イタチゴッコかもしれないが努力中。最低限のマナー(自分のゴミは持ち帰ること)は守れるフライマンでいたいと思う。
posted by clubritz at 22:00| member | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。